【使ってみた!】イプサ コントロールベイス(イエロー)

今回は【イプサ コントロールベイス(イエロー)】を購入してみたので、この記事で紹介したいと思います。今までイプサの商品を使ったことはなかったのですが、ずっと気になっていた商品だったので試してみました!

イプサのコントロールベイスは有名ですよね!

ぱすた

このコントロールベースは「ピンク・イエロー・ブルー」の全3色ありますが、今回紹介するのはイエローになります。

「イプサのコントロールベースってどんな感じ?」「イエローのコントロールカラーを試してみたい!」という方はぜひ参考にしてみてください。

そもそもコントロールカラーとは?

コントロールカラーとは、赤み・黄ぐすみ・青みなど気になる肌の色味や、シミ・くすみ・クマ・ニキビ跡・そばかすなど肌悩みを補正し、地肌と異なる色を補うことで均一感のある肌に演出できるベースメイクアイテムです。

出典:NATURE’S WAY公式サイト

コントロールカラーは主に「ピンク・イエロー・ブルー・グリーン・パープル」の色展開があります。その人にあったカラーを使うことで、「肌の赤みが気になる」「顔色が悪いから血色感が欲しい」などの肌悩みを緩和させることができます。

例えば「肌の赤みが気になる」場合、コンシーラーやファンデーションで全部隠そうとすると、厚塗りになりがちですよね。ここでグリーンのコントロールカラーを使えば、赤みを軽減でき、その後に使うコンシーラーやファンデーションも少量で済むので、ナチュラルな肌を作ることができます。

コントロールカラーを使う順番

  1. 化粧下地、日焼け止め
  2. コントロールカラー
  3. コンシーラー、ファンデーション

どの色を使えばいい?

「コントロールカラーってどの色を使えばいいのかわからない…」という方多いと思います。

ここでは肌悩み別にぴったりなカラーをまとめたので、カラーを選ぶときの参考にしてみてください!

ぱすた

ピンク 血色感が欲しい、優しく柔らかな印象にしたい
イエロー 肌のくすみや色むらが気になる、シミやクマ・そばかすを目立たなくし
たい、健康的な印象にしたい
ブルー 透明感を出したい、黄ぐすみをカバーしたい、肌をトーンアップしたい
グリーン 肌の赤みを軽減、ニキビ跡や小鼻の赤みが気になる
パープル 透明感を出したい、黄ぐすみをカバーしたい、肌をトーンアップした
い、血色感が欲しい

ピンクとイエローは顔全体に乗せても問題ない色味なので、初心者の方でも使いやすいカラーです。イエローは地肌の色とも近いので、変に浮くこともなく健康的な肌に見せてくれます。

ブルーは元々色白の方が使うと、顔色が悪く見えてしまうことがあるので注意。

グリーンは顔全体に使用すると逆に肌がくすんでしまうことがあるので、赤みが気になるところなど部分使いがおすすめ。

パープルはピンクとブルーが合わさった万能カラー。こちらも顔全体に使うと、浮いてしまうことがあるので、透明感やくすみをカバーしたいところなど部分使いがおすすめ。

【購入品】イプサ コントロールベイス(イエロー)

イプサのコントロールカラーは全部で3色展開(ピンク・イエロー・ブルー)です。私は肌のくすみや色むらが悩みなので、今回はイエロー購入しました。

コントロールベイス(イエロー)

素肌に足りない光を補い、透明感を高める化粧下地。光コントロールと凹凸補正などで、内側から輝くような、なめらかな肌へ格上げします。青・黄・赤の光がバランスよく反射することで、透明感を放つ肌。
シミ・ソバカスが気になる肌には、イエローがおすすめです。

出典:ipsa公式サイト

パッケージや商品もシンプルで良いですね。SPF20、PA++で、日焼け止め効果もあります。

ノンコメドジェニックテスト、アレルギーテスト済みなので、ニキビができやすい方でも使用できます。
※全ての方にニキビやアレルギーが起きないというわけではないので注意が必要です。

全成分

成分;水,シクロメチコン,ジメチコン,BG,酸化チタン,メトキシケイヒ酸エチルヘキシル,PEG-10ジメチコン,(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー,ジステアルジモニウムヘクトライト,ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン,グリセリン,トリメチルシロキシケイ酸,ラベンダー油,ヒアルロン酸Na,塩化Mg,塩化Ca,褐藻エキス,紅藻エキス,緑藻エキス,メタクリル酸メチルクロスポリマー,タルク,シリカ,イソステアリン酸,ジステアリン酸Al,水酸化Al,EDTA-3Na,ハイドロゲンジメチコン,ステアリン酸Ca,ポリエステル−1,アルミナ,ジメチルシリル化シリカ,トリエトキシカプリリルシラン,酸化スズ,テトラヒドロテトラメチルシクロテトラシロキサン,BHT,クエン酸,リン酸Na,トコフェロール,テトラデセン,フェノキシエタノール,マイカ,酸化鉄

出典:ipsa公式サイト

手のひらサイズ

容量は20gで、使い切りサイズとなっています。化粧品ってなかなか使いきれないので、量は少ないですが衛生面を考えるとこのくらいが良いのかもしれません。

価格は<税込3,080円で、容量は少ないからちょっと高いかも。ですが少量でよく伸びるので、コスパは良いです。2週間ほぼ毎日使ってますが、まだたくさん残ってます。

使用感

手に出してみるとこんな感じ。色味はイエローが強く、匂いはそんなにしないです。テクスチャーは緩すぎず、硬すぎずで中間の硬さ。

手の甲に広げてみました。左が塗った方、右は何も塗ってないです。伸ばすとイエローからベージュになります。コントロールカラーを塗った方が、健康的な明るい肌に見えますね!つけ心地はしっとりした感じです。

私は顔全体に化粧下地として使用してますが、肌のトーンを均一に明るく見せてくれるので助かっています。

ぱすた

赤みも軽減できる!

イエローですがニキビ跡や肌の赤みも薄くしてくれるので、嬉しいところ。個人差はあるかもしれません。

肌の赤みにはグリーンなので、グリーン系のカラーを何個か使ったことがありましたがうまく隠れず。意外とイエローで軽減できるということを今回発見しました。今までグリーン系を使っても赤みが隠れなかったという方は、イエローを試してみるのもいいかもしれません!

実際に使用してみて

2週間ほど使用していますが、肌が痒くなたったり乾燥することもなく自分にはあっているように感じます。

夕方くらいになると小鼻のあたりがよれてきますが、ティッシュで抑えてフェイスパウダーを乗せれば解決できるので大きなデメリットではありません。

イエローのコントロールカラーを使うのは初めてでしたが、悩みである肌の色むらやくすみも、均一にしてくれるので買ってよかったです!後に塗るファンデーションの量も減りました。

ぱすた

イエローのコントロールカラーを探している」「肌のくすみを飛ばしたい」「肌を健康的に見せたい」という方におすすめのコントロールカラーです!

素肌に足りない光を補い、透明感を高める化粧下地です☆イエロー:シミ・ソバカスが気になる肌に

楽天は正規品ですが価格が少し高いので、購入する場合はYahoo!ショッピングか公式サイトがおすすめです。

まとめ

ということで【イプサ コントロールベイス(イエロー)】の紹介でした。ずっと気になっていたので買ってみましたが、肌悩みも軽減できて買って間違いなし!と思えるものでした。

この記事が参考になれば幸いです!